【標準化】がうまく行かない理由はあなたが職人だからです。

標準化と言われても何をどう進めて良いのやら。。。

標準化は特別なことはなく、無意識に通るけもの道を意識し、整備し、舗装し、高速道路を作っていけば良いです。

そして効率良く回すことが大切なことです。まずサクッと作ってみて、回してみる。ここから始めましょう。

そもそも標準化に価値があるのか?

標準化したコンテンツよりも標準化すること、運用することに価値があります。

まず仕事における自分の価値とはなんでしょう?

・作業が早いこと
・コツコツ地道なこと
・正確であること

等々、まあいろいろありそうですね。これなんてどうでしょう?

自分にしかできないこと

どうです?しっくりきましたか?長年コンサルに従事してきましたが、ここに価値を感じられている方多いです。

確かに自分の価値をそう考えて、すきあらば!給料上げて欲しいもんですね。

自分にしかできないことがある人は、重宝がられ、あなたのコピーをいっぱい作って!(≒標準化して!)なんてオーダーがきます。

この考えは間違ってないですね、できる人が増えるし。でもなかなかうまくいかない。

標準化がうまく行かない原因

①自分の能力が違う

自分にしかできないことと、標準化する(誰でもできるようにする)ことは明確に能力がちがう。こう見ると相反しているように見えますね。

②自分はトリッキー

という自覚がない。故に、こんなこと当たり前にやってるでしょ。と思い込み標準化すべき内容を見落としてしまっている。

もしくはトリッキーな自分が好き。自慢はするが、できない周りをみてニヤっとしてたりする。

③期待値と能力にギャップあり

今までひとりで成果出してきた(能力)のに今度はみんなの成果を出して欲しい(期待)と言われている。プレッシャー感じて膨大なナレッジを形作ろうとする(頑張る方向を間違う)

④自分がやってきたことにしがみつく

これ標準化しちゃったら自分の価値は?と不安になり手放さない。

うまく行かないと判断した会社は頼むんですね、高額なコンサルさんに。標準化することはできますよ彼らは、それが仕事だから。朝から晩(夜中?)までフルスペックで。それを成果物として納品する、キッチリと。

でもうまくいかない。(ことが多い)

⑤コンサルさんの能力が違う

標準化することと、業務を回すことは能力がちがう。

自分で進めましょう!

ではどうすれば良いか? 標準化とは6割の人が通る道。

特別なことはなく、みんなが無意識に通るけもの道を見極め、整備し、舗装し、高速道路を作っていけば良いです。効率良く回すことが大切なことです。まずサクッと作ってみて、回してみる。ここから始めましょう。

◆関連記事◆

懐疑的な人必見!【業務標準化の手順】と効果の具体事例を紹介

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です