【人材育成】を共にするコンサルタント

はじめに

いよいよ少子高齢化、人口減少傾向を感じることが多くなってきました。ビジネス界では新卒も中途も採用難、まさに人の奪い合いですね。

経営者からの相談は”優秀な人材が採用できない”から、”単純に採用ができない”に変わってきましたし、せっかく採用できた人材も”定着しない”という相談を多く受けます。

”人材の定着”を考えるとき、福利厚生や働く環境に力を入れる会社さんもたくさんあります、ありだと思います。が、社員のことを本当に考えているなら、この世を渡る力をつけてあげるべきかと。

今回はConsultify的人材育成について書きます。

スタンス

”いつまでに、なにを、どれくらいにするか”はコミットしないコンサルタント

世の中のコンサルタントの逆張りです。おいおい、そんなコンサルタントにお金なんて払えないよ!

世の中の仕事の大半は、いつまでに、なにを、どれくらいにします!をコミットしないといけないですね。

仕事をする上でとても大切なことですし、力はこうやってつけるものだし、価値ある人材、会社から求められる人材はこんな感じですね。

私も長い間、ずっーと戦ってきましたので今でもこういった戦闘力は高い方と思います。やればまだできるっ!(多分…)

でも色々考えることが出てきました。
・いつまでコミットし続けるのか?
・コミットしているのは特定の人間だけでは?
・もしかしたら後人の機会を奪っているのでは?

悲しいデータ

ここに初任給のデータがあります。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/16/01.html

大卒男性月額給与205.9千円って、、、びっくりです、私が社会人になった20年前(98年)からほぼ変わっていない!

次に年齢階級別賃金推移のデータがあります。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/01.pdf

大学・大学院卒の男性の平均月額給与が397.7千円、ピーク月額給与533.3千円(5054歳)。

最後に、賃金分布のデータがあります。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/07.pdf

年収1000万(≒月額80万)以上は全体の1.6%だけ!

リンクは厚生労働省のサイトより

こんなデータ見ちゃったら若者は希望持てない。未来なんてわからないのに多くの若者が年収1000万なんて無理!と思っているに違いない。

一方、優秀なビジネスマンは年収1000万円以上の高値でガンガン流通してます。

その時の紹介料は3540%くらいなのでイニシャルで350万円以上!大卒の初任給より高い!!!

経営課題=”優秀な人材の定着”

会社はイニシャルコストで紹介料を払い、ランニングコストで給与を払わないといけない。にも関わらず、優秀(とされる海のものとも山のものともわからない)ビジネスマンが期待成果を出し続けるか?定着するか?はわかりません。

定着って人間の感情を無視できませんね、既存社員の大半は突然外部から現れた上司に抵抗感あるし、転職した本人も既存社員より”帰属意識”を持つのは難しい。成果を焦る当人と現場とのハレーションは酷くなるばかり。。

結局うまく行かないことも多いのでは?と思っています。散々見てきましたし、経営者の皆さんの相談事の大半は”人材の定着”ですから。

私ができること=人材の育成

であれば既存社員(帰属意識、向上心は必要)を育成したほうが会社も本人もハッピー!

彼らの言葉を聞き、なりたい状態を引き出し、必要なテクニックを教え、一緒に考え、実践する。

主役はもちろん彼ら。

私は必要に応じて、上司になり、同僚になり、お客さまになります。業種、職種は問いません。変幻自在で”共にする”です。

そのプロセスは成長に、そして成果は自信に繋がります。

彼らが勝負をかけるその日までに”力をつける”のが私の仕事。

なので”いつまでに、なにを、どれくらいにするか”はコミットしないコンサルタントなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です